老人

常日頃から管理|高血圧を下げるために食事管理に気をつけよう

大病予防のために

介護

病食の特徴

年齢を重ねると血圧が不安定となり、健康診断や医療機関で指摘される機会も増えます。血圧が高いと脳梗塞や脳卒中、動脈硬化や心筋梗塞のリスクが高まるため、早期発見が求められます。要因となるのは肥満や塩分過多の食事、ストレスや喫煙、遺伝性が考えられ、生活習慣の見直しも必要になります。血圧異常を指摘された場合は自己解決は難しいため医療機関を受診して、処方された薬を服用します。また治療と並行して自宅でもケアするため、食事管理を行って体の中から体質改善を行います。血圧を下げる食事の特徴は、塩分控えめで薄味、脂肪とカロリーを省いた食事になります。自宅で管理する場合は雑誌やサイトの情報を参考に献立を調理しますが、毎日となると大変な作業です。そこで利用すると良いのが病食の宅配サービスであり、高度な栄養管理のもと美味しい食事が食べられます。

生活習慣見直しの豆知識

血圧を下げる事で脳や心臓への負担が軽減され、糖尿病や腎疾患の可能性も減少します。下げるだけで健康体へ近づけるため、常日頃から意識した食生活を送る事で、体質改善が促せます。塩分控えめの病食は血圧を下げるだけでなく、認知症予防やメタボリックシンドローム予防になります。認知症は末期になると寝たきりとなり、余生を楽しく過ごせなくなる可能性もあります。メタボリックシンドロームは万病のもとであり、一度診断を受けると改善まで時間を要します。血圧を下げるには食事管理が一番の近道ですが、適度な運動に取り組むのも有効です。体を動かす事で血流はスムーズになるため、血管の壁を柔らかくして循環を良くするのは健康維持になります。