老人

常日頃から管理|高血圧を下げるために食事管理に気をつけよう

塩分量を調節する

和食

塩分控えめが大事

血圧を下げる食事といえば、塩分量を控えることが主なものです。これまで、醤油や塩などをよく使っていた人は、これをやめるだけでも随分と数値が変わってきます。もちろん、調理法も考えます。あまり調味料を使わないようにしていくことが大事です。ただし、そうすると、味が薄く感じられるかもしれません。食材そのものの味をじっくり味わうようにすることがポイントです。それから、最近は、血圧を下げる食事が世間的にも注目されており、レシピ本などもたくさん市販されています。インターネットでもレシピは閲覧できるので、参考にして作ってみることをお勧めします。調味料をあまり使わないようなレシピでも、工夫次第で美味しく感じられる料理もたくさんあります。

病食宅配を利用しよう

血圧を下げる食事を考えていると、限界がやってきます。特に、これまであまり料理をしてこなかった人は苦痛に感じてしまうものです。そんな時には、病食宅配を活用してみることをお勧めします。最近は病気の人のために、栄養士や医師が監修した病食宅配業者が増えてきているのです。もちろん、宅配料などはかかりますが、自分で作る手間が省けます。それから、食材を買いに行く手間も省けて便利です。特に、一人暮らしの高齢者などは買い物に行くだけでも大変です。このように便利なものを活用した方が好都合と言えます。血圧を下げる食事は、何よりも薄味を意識することがポイントです。味覚が濃くなってきている人は、徐々に薄くしていくと良いでしょう。